【ネットショップ開業】カート型とモール型を選ぶときのポイントと注意点

ネットショップ開業 カート型とモール型の違い

ネットショップを開業する場合、主にモール型とカート型のどちらかのサービスを使用することになるかと思います。
ネットショップを成功させるためにも、それぞれの特徴を把握しておくこと大切です。
今回は初心者の方向けに、それぞれのメリットや注意点などを解説しています。

スポンサーリンク

モール型とカート型の違いとは?

モール型とは、主に楽天市場Yahoo!ショッピングAmazonなどを指します。
一方で、カート型とは、主にカラーミーショップMakeShopなどを指します。
ちなみに、カート型は「ショッピングカート」と呼ばれる場合もあります。

 

モール型とカート型の大きな違いは、「どこにお店を構えるか」になります。

 

【モール型】…大きなショッピングモールの一角にお店を構えるイメージです。

【カート型】…簡単に例えるなら路面店のようなイメージです。

 

どちらもメリットとデメリットがあり、商材やどのような形で商品を売りたいかなどによっても選ぶサービスが変わってくるかと思います。

カート型(ショッピングカート)の主な特徴

ショッピングカートで思い浮かぶのが、スーパーマーケットで商品をいれるカートです。
ネットショップにおけるショッピングカート(カート型)も同じような意味があります。

ショッピングカート

自由が効きやすいショッピングカート

カート型のネットショップは、デザイン面でカスタマイズしやすかったり、ブログなどと連携できるなど、モール型と違い、自由度が高いネットショップを作ることができます。

独自ドメインでお店を運営できる

カート型では基本的に独自ドメインを使用して、ネットショップを運営することができます。
これもモール型とは違った大きな特徴のひとつです。

ドメインとは、「ネット上での住所(URL)」のようなものです。

独自ドメインを持つことは、あなた専用のURLでネットショップを運営できます。
またネットショップだけでなく、メールアドレスも専用のものを作ることができるので、お客様にお店を覚えてもらいやすいというメリットもあります。

他にも移行がしやすかったり、他サービスやシステムとの連携がしやすいのも利点です。

ドメインの種類について

ドメインにも種類、それぞれの意味や条件が異なります。

  • 誰でも利用可能なもの…「.com」(商業組織用)、「.net」(ネットワーク用)
  • 国別に分けられているもの…「.jp」(日本)、「.us」(アメリカ)

など。

また最近新しくできたドメインで「.shop」というものがあります。
ドメインを見るだけで商品の情報が掲載しているページ(お店)であると想像しやすいので、ネットショップ運営時に使用される方もおられます。
ただ、管理料金が少し高めなので、その点も加味して選んでいきましょう。

 

独自ドメインを使用するには、カート型を提供しているサービス元で使用の可否を確認後、「ドメイン取得サービス」から取るのが一般的です。

カラーミーショップ」では、独自ドメインの設定マニュアル等も用意されているので、初心者の方でも比較的簡単に行うことができます。

ドメインの注意点

ドメインの管理で注意しておきたいのが、商標登録についてです。
ドメイン名は自由に選べますが、芸能人など個人名や社名ブランド名などが入ると商標トラブルを招く原因となります。
そのため、ドメイン名を設定する前に調べておく必要があります。

また、ドメインは更新を忘れると使えなくなりますので、必ず更新するようにします。
現在は、手動と自動の更新が選べるものもありますので、自分自身に合うものを選ぶようにしましょう。

ショッピングカートを使うメリット

それでは、ショッピングカートを使うと「どんなメリットがあるのか」いくつか挙げておきます。

  • モール型に比べて低コストで始められる
  • トライアル期間がある(トライアル期間は2週間~1ヶ月などサービスによって様々です)
  • ショップを構築する際に自由度が高いため、よりデザイン性の高いお店が作れる
  • 独自ドメインが使用できる
  • ショップ名を認知されやすい
  • 購入者情報をもとに様々な施策が行える

ショッピングカートを使う上での注意点

次にショッピングカートを使う上で「注意しておきたい点」をいくつか挙げておきたいと思います。

  • モール型に比べて集客力が劣る
  • セキュリティ面がしっかりしているか
  • スマホ対応しているか
  • サポート体制が整っているか(電話対応のサポートがあると、すぐに解決したい問題も安心です)
全ての希望を満たすカートは中々無いため、サービスもとの機能等を確認し、利用したいものの優先順位を決めるなどして、自分に合ったショッピングカートを検討しましょう。

以下は、数あるショッピングカートの中でも人気のサービスをいくつかピックアップしたものです。

 

続いて、モール型(ショッピングモール)の特徴を見ていきたいと思います。

モール型(ショッピングモール)の主な特徴

モール型(ショッピングモール)については、冒頭でもお話しましたが、主に楽天市場Yahoo!ショッピングのような大きなモールのことをいいます。

ショッピングモールのイメージ

大きなモールの場合、沢山の人で盛り上がっている傾向にあるため、その一角にお店を構えることで、開店当初でもアクセスを見込みやすいところが、大きなメリットでもあり、特徴のひとつでもあります。

他にも様々なメリットがあります。
引き続き、以下をご覧ください。

ショッピングモールを使うメリット

ショッピングモールを使うと「どんなメリットがあるのか」いくつか挙げておきます。

  • 集客力(モール自体に人が集まる)
  • 販促ツール
  • サポートサービス
  • モールという安心感(ブランド)
  • モールの企画やにぎやかさ

魅力的なモールですが、もちろん注意したいこともあります。

ショッピングモールを使う上での注意点

次にショッピングモールを使う上で「注意しておきたい点」をいくつか挙げておきたいと思います。

  • カート型に比べて費用がかかりやすい
  • 競合店と比較をされやすい(価格競争など)
  • ショップ名を認知されにくい
  • 購入者の情報などがモール側の所有物になる
  • 規約や制限が厳しめ

ショッピングモールは、集客しやすい反面、ライバル店も多く存在するため、比較されやすかったり真似されやすい傾向にあります。
また、購入者は「このショップで買った」というより「このモールで買った(楽天など)」という認識が強いため、リピーターになりづらい可能性もあります。

以下は、人気で代表的なショッピングモールのサービスです。

まとめ

今回は、ネットショップを開業する上で必要な「モール型とカート型の特徴や注意点」のお話をしました。

これから初めてネットショップを開業される人の中には、モール型とカート型、どちらにするか迷われている方もいると思います。

費用面を考慮した上で、どんなネットショップを立ち上げて、どのように商材を売りたいか、どんな機能が欲しいか、などを視野に入れつつ、ご自身の要望に合いそうなサービスを検討してみてください。

ゆくゆくは世界で販売していくことを視野に入れている方も、まずは日本でのネット販売を成功させることが、次のステップへの架け橋となります。

ネットショップ開業サービスを選ぶときは、時間がかかり根気のいる作業かと思いますが、ここをしっかりと固めておくと長期運営する際にも安心です。

ネットショップ無料
無料サービスまとめ

ネットショップ無料サービス

「ネットショップを無料で開業したい」
「初心者でも簡単に立ち上げられるおすすめの開業サービスってあるの?」
そんな方に向けて、ネットショップが無料で始められるサービスをピックアップしました。

運営者KPOINT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ネットショップ開業
スポンサーリンク
K Time
タイトルとURLをコピーしました