ネットショップをこれから開業したい方へ

シェアする

ネットショップを開業されたい方の多くは、まず何をしたらよいのか、という疑問にぶつかります。当方は制作をメインとしているため、開業時のコンサルなどは殆ど行っていないのですが、長く運営しているとそういったお客様からのご相談もいただきます。
今回は「ネットショップを開業する上で押さえておきたいポイント」のお話です。

商品を準備する

まず、当たり前のことですが販売するための「商品」を準備しておかなくてはいけません。
商品といっても様々なものが存在しますが、前提として需要があるものでなければいけません。

どんなに良い商品でも、需要がないものをいくら売ろうとしたところで、求めている人がいなければ当然売れません。
逆に、需要があって売れる商品でも、伝え方を誤ると売れるものも売れないのです。

開業サービスを決める

開業サービスとは、ネットショップを始めるためのサービスのことです。
開業サービスを使ってお店を開店するわけですね。
開業サービスには、さまざまなものが存在しますが、今回は当方が制作をお受けしている中からご紹介します。

主に以下のサービスです。

  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • カラーミーショップ

では、それぞれどういった特徴があるのかお話したいと思います。

楽天市場

楽天市場開業サービス

現在ネットショップ業界で1位、2位を争うといっても過言ではないほど大きい市場の「楽天市場」。
私もよく楽天ショップで買い物をしたりしますが、多くの人が一度は利用したことがあるネットショップだと思います。

楽天市場は大きなショッピングモールです。
そして、楽天で買い物をする際は、大きなショッピングモールの中の一角にある、お店で購入していることになります。

楽天でネットショップを始める場合は、同じようにモール内の一角を借りて、あなた自身のお店を立ち上げるわけです。

借りるには、色々と条件が出てきます。

1番気になる点は、費用面です。
今回ご紹介する中では、おそらく1番コストがかかります。
ただ、その分、集客面で多少有利ともいえます。
楽天市場は、市場が大きいため多くのユーザーが利用しています。そのため、開業したばかりでも上手に運営することでアクセスを集めることが可能です。

楽天市場の特徴

  • 集客面で多少有利
  • 他社に比べ費用が高め
  • お客様情報がダウンロードできない

その他特徴、最新の情報は以下のページからご確認ください。

ヤフーショッピング

ヤフーショッピング開業サービス

ヤフーショッピングも楽天市場同様ショッピングモールです。
同じようにモール内の一角を借りてお店を出します。
ただ、楽天と大きく違う点は費用面です。

初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤリティなどが無料化されました。(一部有料)
また、ヤフーショッピングは個人でも出店できる敷居の低さから、多くのかたがヤフーショッピングでネットショップ開業をされています。

そのため、費用を極力抑えたいという場合はヤフーショッピングもアリだと思います。

ただ、ヤフーショップは制作する上での制限が多く、今回ご紹介する中では一番厳しいと思います。普通にショップを制作する分には問題ありませんが、デザインにこだわりたいという人には余計な費用と時間を要することがあります。

ヤフーショッピングの特徴

  • 初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤリティが無料(一部有料)
  • 制作面での制限が多い
  • 外部リンクの設置が可能

その他特徴、最新の情報は以下のページからご確認ください。

カラーミーショップ

カラーミーショップ 開業サービス

カラーミーショップはASP型のネットショップです。
楽天やヤフーと違い、独自ドメインが持てたり自由度の幅が広がります。
もちろん、デザイン面でも3つの中では1番融通がきくので、デザインにこだわりたい人にはおすすめです。

とは言うものの、すべてが思い通りにいくわけではありません。
3つの中ではという意味で、どのサービスにも仕様や制限はあります。
その中でどのように表現していくかがカギとなるわけです。

費用面でいうと、カラーミーショップも比較的安価な料金で利用することができます。
そのため、個人の方でも利用しやすく人気のネットショップ開業サービスです。

カラーミーショップの特徴

  • 制作面での制限が少ない
  • 「どこでもカラーミー」で他ブログなどにカートボタンがつけられる
  • 会員機能で会員限定価格などの設定が可能

その他特徴、最新の情報は以下のページからご確認ください。

番外編

番外編として、無料で気軽に試せるネットショップ開業サービスもあります。

BASE(ベイス)

BASE(ベイス)開業サービス

初期費用、月額費用0円でネットショップが作成できるベイスです。
とっても簡単にネットショップを開くことができます。
もし、初めてで不安という方はベイスで試しに運営してみるのも1つの方法です。

BASE(ベイス)の特徴

  • 初期費用・月額費用が無料
  • 独自ドメインの設定が無料
  • アプリでライブ配信も可能

その他特徴、最新の情報は以下のページからご確認ください。

これが絶対売れる!は存在しない

ここまで、4つのネットショップ開業サービスをご紹介しました。
他にもさまざまなサービスが存在します。
たまに「どのサービスを使えば売れますか?」というご相談を受けますが、これを使えば売れるというものは存在しないと思っています。

まず、理由のひとつとして競合店の存在です。
個人でも気軽にネットショップを始められる時代になり、多くの方がネットショップ事業へ参入しています。当然、ライバルが増えるので、あやしいサービスでない限り大差はないでしょう。

あるとすれば、出来ることと出来ないことがそれぞれのサービスによって異なるので、あなたがどういった形で商品を売りたいか、などによって特徴などを見極めてサービスを選ぶことで、スムーズに運営が運び早い段階で売上に結びつく可能性はあると思います。

長期的運営を視野に入れよう

ご存知の通り、ネットショップは開業したからといって売れる時代ではありません。
特にライバルが多い場合は、自社のブランディングやファン獲得、信頼性など長期運営をすることで少しづつ構築され売上が安定してきます。

その中で必要な要素として、ショップのデザインは欠かせません。

また、同時に集客も大切です。予算がかけられる場合は、広告などを使うことで開業したばかりでも売上を出すこともできます。
ただ、集客ができたからといってショップの中身が出来ていないことには、売上に繋がりにくいのも現状です。

逆に予算が少なく、無料で集客をしたいという場合は、SEOやSNSなどの対策が必要となってくるでしょう。
この場合、多くの時間を費やすことになりますが一度軌道に乗れば安定した売上を出し続けることができます。

最後に

販売する商品が決まったら、まず長期運営する上でどの開業サービスなら無理なく続けられるかがポイントになるかと思います。
次にサービスの特徴を把握して、あなたが考えている理想に近いかなどを検討します。

もし、ネットショップ開業自体に不安を感じるならば、無料で使える「ベイス」などもあるので、勉強する気持ちで活用させてもらい、ネットショップ運営がどういったものかを経験してみましょう。

実際に経験することで、次のステップの架け橋になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク