【成功事例付】ネットショップをこれから制作する前に知っておいて欲しいココだけの話

シェアする

ネットショップを初めてスタートする場合、様々な準備が必要です。初心者の方は特にいろいろな場面で苦悩することも少なくありません。そんな中、大きな課題として「ネットショップ制作」の部分が挙げられます。
本記事では、ネットショップ制作をする上で大事なこと、またそれを取り巻く関連性の高い内容をピックアップしお話しています。
個人だからこそお話できるレアな内容もご紹介したいと思うので、初心者の方はぜひ未知の扉を開けるイメージで参考にしていただければ幸いです。


ネットショップ成功事例

ネットショップ開業について

まず、制作の前の段階になりますが「ネットショップ開業」についてです。
ここではすでに商材、資金、在庫など諸々の準備が整っている前提でお話を進めます。

ネットショップを始めるには、お店を作らなくてはいけません。実店舗なら場所を借りて、お店を立てたりすると思いますが、ネットショップも同じようなイメージです。
インターネット上にお店を立てます。

そこで必要となってくるのが、ネットショップ開業サービスです。
ネットショップをイチからすべて構築しようとすると莫大なコストがかかります。そのため一般的には、開業サービスなどを使ってスタートするのが初めての方にはおすすめかと思います。

どのサービスを使うべきか

たまに「どのサービスでネットショップを始めたら良いですか?」というお問い合わせをいただきますが、この部分については正解はないと思っています。取り扱う商材や売り方、コンセプトなどによって方向性を定められる可能性はあると思いますが、出店者さんが納得いくまで調べて比較し決断するしかありません。

制作会社さんやコンサルの方の中には、「これが絶対おすすめです」「これはやめたほうがよいです」というようなアドバイスを頂くことがあるかもしれません。その場合、必ず理由を聞くようにしてください。

沢山の開業サービスがある中、すべてを把握することは難しく、相当精通している人でないと不可能に近いと個人的には思っています。そのため、もちろん当方では「これにしてください」というようなお話を今までしたことはありません。

ネットショップ代行サービスについて

ネットショップを初めて開店する場合、慣れない作業なため時間を要するケースも少なくありません。そういった方のために代行サービスというものが存在します。その分、費用はかかりますが予算が確保できる場合はお願いするのもアリだと思います。

どこまで代行するかが大事

代行をお願いする範囲を事前に決めておくことも大切です。
例えば、開店するまでに以下のような作業が初期の段階で必要です。

  1. 出店手続き(契約等)
  2. 基本設定
  3. カテゴリー登録
  4. 商品登録
  5. お店作り(デザイン面等)

基本的にどの作業もサービスごとにマニュアル等が用意されており、特に1~4については、初めての方でも進めることができます。5については、サービスごとによって進め方は異なるため難しいケースも少なくありません。

個人的には、上記で説明したとおり「1~4は出店者さん」、「5は代行」というような形で進めるのがベストなのではないかと思います。
理由は単純で、お店のこと、商品のことは出店者さんが一番わかっているからです。

例えば商品登録作業を代行する業者さんがいますが、お願いする場合は商品の情報を提供しなければいけません。提供方法はサービス元によって異なりますが、情報を整理する時間があれば商品登録のひとつやふたつ出店者さん側で行うことも可能です。

継続的におこなうであろう商品登録

そして一番重要視することは、商品登録はネットショップを運営する上で必須という点です。
例えば、実店舗でパン屋さんがパンを作って(商品)、店内の棚にパンを並べる(商品登録)とき毎回代行業者などにお願いすることは少ないでしょう。
仮にもし毎回お願いしていたら、その分コストがかかりますし、いざ自分で並べる時に「どうやったらよいのかわからない」ということも少なくありません。

また、パンを並べるにも自分自身のこだわり(例えば、角度や位置、順番等)を持ってやったほうがオリジナル性も出ますし、何より売れたときの喜び度合いが違うと思います。

パンの話が長くなってしまいましたが、ネットショップでも同様です。
商品登録(商品ページ)は、ユーザーが買い物カゴをクリックするかしないかの重要なページなので、そこを疎かにしてしまってはいけませんし、売上も左右されます。
もし、「商品画像をもっと綺麗にみせたい」「画像を加工したい」という壁にぶつかったら専門業者さんにお願いするのもアリですが、今後の運営のためにもできる限り、出店者さん自らが取り組んでいただきたい要素のひとつかと思います。

焦りは禁物、作業時間の重要性

上記でお話した通り、商品登録だけに限らず出店者さん自らおこなう作業は多々あります。
そのため、余裕を持ったスケジュールを立てて開店まで進めるようにしましょう。スケジュール的に厳しく、自分自身で作業できる時間が確保できないため、焦りがちになりすべてを代行会社に丸投げするようなことは避けたいところです。

お店作りにおいての勘違い

お店作り(TOPページのデザインや構築など)について、意外と勘違いされているケースも少なくないのでお話したいと思います。
「開店と同時に、お店作りを100%まで持っていこうとしていませんか?」

もしそうなら、そこまでする必要はありません、というよりはそこまで持っていくことはできないというほうが正しいかもしれません。
開店と同時に、綺麗なショップ、かっこいいショップ、オシャレなショップなどでお客さんを迎えたい!という気持ちはわかりますし当然なことなのですが、開店したばかりで売上が出るお店は少ないです。

お店を作り込むには、それ相応の時間と労力がかかります。例えば100%作ってから開店しようとすると、それだけ開店するまでの時間がかかるということなので、機会損失になってしまいます。それなら、まずは開店を優先して進めることも必要です。

例えば、楽天やヤフーでは開店審査というものが存在します。
審査というと「何だか厳しそう、難しそう」と思われがちですが、決してそんなことはありません。サービス元の支持通り行い、簡単に言ってしまえば「ユーザーが問題なく買い物ができる最低限の情報を用意する」ことさえすれば審査は通過できると思います。

また、PCDAサイクルを回すためお店作りに100%はありません。
上記のことを意識しながら、タイミングとバランスを見て開店を進めていきましょう。

ネットショップ制作を依頼するタイミング

当方が考えるタイミングは、「ネットショップ開店後、ある程度お店を運営して不安や疑問が生じた時」になるのかなと感じています。
ポイントは、開店後ある程度の運営期間があることです。やはり運営される前と少しでもした後では、出店者さんがネットショップについてある程度理解されているため、やり取りがスムーズになる傾向にあります。

そして、依頼する内容についても具体性があるというところです。
双方にとって漠然とした内容よりも、やはり具体的なほうが売上に繋がる可能性が高くなります。

上記はあくまで参考程度の内容ですが、実際に依頼するタイミングは出店者さんそれぞれのタイミングに委ねられています。ですが、少しでも運営期間があるとそれが経験になりますので、制作を依頼する際に必ず役に立つはずです。

プロにお願いしたら売上は上がる?

制作を受ける立場として、お話しづらい内容となりますが正直におこたえすると、100%売上が上がることはありません。ですが、内容によっては50%、30%上がる可能性はあります。

売上を上げるには、様々な要素が絡んできます。そのため、制作をお願いしたからといって絶対に売れるということはありません。例えば、販売商品に需要がなかったら当然売れませんし、TOPページだけプロにお願いしたとしても商品ページの内容がユーザーとマッチしていなければ離脱の可能性が高まります。

前述でもお話した通り、ネットショップにゴールはなくPCDAサイクルが基本です。
検証、改善などを繰り返すことで、そのお店のゴールにより近づけるように日頃から取り組む必要があります。

また、制作会社はあくまで制作のプロではありますが、商品のことは殆ど素人です。
そのため、商品のプロである出店者さんの力も売上を上げるためには必要不可欠といえるでしょう。

成功事例:楽天ショップ

成功事例をひとつご紹介させていただきます。
以下のお店は、主にサッカー用品を取り扱うお店で楽天市場に出店しています。
今後は、別のジャンルのスポーツ用品も取り扱う予定です。

楽天ショップ成功事例1

本格始動してから、約3ヶ月くらいで200万の売上を出すことができました。
もちろん当方だけの力ではありません、パートナー(知人)の力も大きいですし、初期の段階のカテゴリーや商品登録をおこなって頂いた出店者さんの力もあります。

また、定期的に新規商品が入ってくるので商品数も増え、自然とアクセスにも繋がりやすいです。ショップもPCだけでなく、スマホもかなり作り込みを行いました。時間も費用も手間もかかっています。

今後も運営のお手伝いをさせていただく予定なので、どこまで大きなお店へと成長できるか楽しみです。

ネットショップで成功するには

ネットショップで売上を上げる、成功させるには、これまでお話した通り様々な要素が絡んできます。そのため、多額の費用をかけない限りすぐに売上を上げることは困難といえます。必然的に長期運営が必要となるわけです。そして無理のない運営が第一条といえるでしょう。

また、すでに成功しているネットショップさんが数多く存在します。
それらをモデルサイトとして、ありがたく参考とさせてもらい自身のショップへ取り入れる方法も近道といえます。気をつけていただきたいのは、ブランド力が高いお店をモデルサイトにする場合です。ネームバリューで信頼性がすでに築かれており、売上に直結している場合も少なくありません

最後に

当方はネットショップ制作に携わり約10年が経過いたしました。まだまだ半人前ですが、これまでお手伝いをさせて頂いてきた中で気づいた点を、初心者の方向けにお話させていただきました。

正直、制作を受ける立場としては話しづらい点も多々ありましたが、裏表なく正直にお話させていただいたつもりです。これからネットショップ制作をお考えの出店者さんに、少しでもお役に立てたなら幸いです。

スポンサーリンク