ネットショップと実店舗の違い。押さえるべきメリット・デメリット

ネットショップと実店舗の違い

ネットショップに興味があるけど、基本的な知識もない…
通信販売を初めたいが、何からはじめればいいかわからない。

そんな悩みに応えるべく、ネットショップ開店の基礎の部分をお話し出来ればと思います。

スポンサーリンク

実店舗とネットショップの違いとは?

「現在実店舗があり、ネットショップを開店したい方」また、「全く初めての店舗開店をネットショップで始めたいと思われている方」
どちらのパターンにおいても、まず知っておいてもらいたいのが、実店舗とネットショップでのメリットデメリット。
つまり、実店舗とネットショップの違いの部分ですね。

今回はこちらについてお話ししていきます。

実店舗のメリットとは

実店舗のメリットは、主に以下の通りです。

  • 実際に手に取り、サイズや質感などを確かめることができる
  • 店員と直接コミュニケーションができる
  • お店のディスプレイやにおいなど五感で感じられる
  • 購入してすぐに持ち帰ることができる
  • お店での滞在時間が比較的長い

実店舗のデメリット

実店舗のデメリットは、主に以下の通りです。

  • 在庫スペース以外に販売スペースが必要
  • 営業時間が限られている
  • 出店のコストがかかる
  • 他のお客さんの視線が気になる(恥ずかしいものが買いづらい)
  • 販売する対象が限定される(場所など)

 

次に、ネットショップのメリット・デメリットを考えてみましょう。

ネットショップのメリット

ネットショップのメリットは、主に以下の通りです。

  • 販売スペースを気にしなくて良い(在庫スペースは確保前提)
  • 24時間いつでも購入ができる
  • 出店コストが低い
  • 人の目を気にせず買い物ができる
  • 世界中の人を対象に販売できる

ネットショップのデメリット

ネットショップのデメリットは、主に以下の通りです。

  • 手に取って見ることができない
  • コミュニケーションツールが限られる(メール、電話など)
  • 配送までの時間がかかる
  • お店の滞在時間が少ない
  • 価格競争に巻き込まれやすい

 

実店舗のメリットはネットショップのデメリットであり、ネットショップのメリットは実店舗のデメリットなんですね。

ネットショップでのデメリットをきちんと理解し、克服していくことが重要になります。

ネットショップ作り方とは

ネットショップのメリットに「出店コストが低い」とお伝えしました。
実店舗と比較した場合、かなりの低コストで開店することができます。

ネットショップを開店(開業)するには、基本的に「ネットショップ開業サービス」を利用するのが一般的です。

詳しくは以下のページをご参考にしてください。

おわりに

例えば、お客様とのコミュニケーションを図ろうとしたとき。
最近見かけるようになったのが、ネットショップで購入した商品に手書きのメッセージが添えられているショップです。

ネットショップというと、機械的な(事務的な)印象を持たれがちですが、そのメッセージカードから人の温かみを感じることができます。

少しずつデメリットを減らしていくことが、ネットショップの成功につながっていきます。

ネットショップ無料
無料サービスまとめ

ネットショップ無料サービス

「ネットショップを無料で開業したい」
「初心者でも簡単に立ち上げられるおすすめの開業サービスってあるの?」
そんな方に向けて、ネットショップが無料で始められるサービスをピックアップしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
ネットショップ開業
スポンサーリンク
K Time
タイトルとURLをコピーしました