空気清浄機の取説を例にネットショップのカテゴリ分けの話をしてみます

シェアする

「ネットショップのカテゴリーの分け方」どうされてますか?
簡単なようで難しいカテゴリ分けですが、ネットショップでお客様を迷わせない為にもとても大事な要素のひとつです。
今回はカテゴリ分けで悩んでいる初心者の方向けにお話しています。

ネットショップのカテゴリ分けについて

カテゴリ分けはなぜ必要なのか

まず、カテゴリ分けはなぜ必要なのでしょうか?

答えはとってもシンプル。

「お客様が欲しい商品を探すため」

です。

「バナーで案内すれば良いじゃん~」
「カテゴリーなんてあまり見られてないよ~」

というような作り手(制作者)やショップ運営者さんのご意見もあるかもしれませんが、
接客できる実店舗と違い、通販ではネットショップの作り方、見せ方がカギとなります。
その中で、カテゴリーは「欲しい商品へ案内する為の道筋」ですから必要不可欠です。

カテゴリ分けに決まりはない

ネットショップでのカテゴリーの分け方は、取り扱う商品やサービスによって異なります。
それが故に、これと言って決まりはないと思っています。
どんな分け方であろうと、どんなカテゴリー名を使おうと、
訪問者さま、お客様がわかりやすく便利と思ってくれさえすればOKなんです。

ただ、基本的な考え方として「カテゴリー分けのベース」はあると思っています。
下記がそのベース分けです。

・種類別で分ける
・用途別で分ける
・メーカー別で分ける
・ブランド別で分ける
・カラー(色)別で分ける
・価格帯別で分ける
・ランキング別で分ける

など。

ちょっと視点を変えてのカテゴリ分け

上記では、どんなショップでも大体は当てはめることが可能なカテゴリ分けベースをご紹介しましたが、
今回は、ちょっと視点を変えた場合の参考例を挙げてみます。

・年齢別で分ける
・性別で分ける
・プレゼント別で分ける
・今の気分で分ける
・職業別で分ける

など。

取り扱う商品やサービスによっては、こういったちょっと変わったカテゴリ分けも出来るかと思いますし、上手にキーワードなども当てはめて活用すればSEO対策にもなります。

空気清浄機の取扱説明書

先日、空気清浄機のフィルターお掃除ランプが付いていたので、掃除しなきゃといざ行動に移そうとしたら、

「どうやって掃除するんだっけ…」

という間抜けな状況下におかれ呆然としました。
そこで、空気清浄機の取扱説明書を引っ張り出してきたわけです。

空気清浄機の取扱説明書

私が以前に購入した空気清浄機の取扱説明書は、表紙に「もくじ」というような形で、
ページをめくらなくてもどこに何が記されているかがひと目でわかるようになっていました。
これはとても便利ですし、ユーザーのことを配慮された作りになっていますよね。

そこでふと「ネットショップのカテゴリ分け」と通ずるものがあると思い、
何らかのヒントになればと思い例としてご紹介しようと思います。

取説をネットショップ用としてカテゴリ分けしてみる

とにかくわかりやすいので、このままでもネットショップに置き換えてカテゴリ分けのイメージが掴めるかと思います。
今回は、「ヤフーショップの作り方。初心者が行うべき準備&10の基本ベース設定とは?」でお話する際に用いた、
以下の画像(一部変更あり)を元に進めていきたいと思います。

■トップページ基本ベース
ヤフーショップ基本サイトベース

実際におこなってみると下記のようなイメージです。

*これが正解というわけではなく、ひとつの参考例だと思ってください。

カテゴリ分け参考例

トップページ基本ベースの【4】カテゴリーエリアに当てはめることができます。

カテゴリ分けに設置

■運転のしかた(カテゴリ名)
-加湿空気清浄運転(商品)
-空気清浄運転(商品)
-プラズマクラスターシャワー運転(商品)

■便利な機能(カテゴリ名)
-乾燥・低温みはり(商品)
-モニター明/暗/切(商品)
-プラズマクラスターイオン入/切(商品)
-チャイルドロック(商品)
-湿度/温度/24H電気代表示切り替え(商品)
-センサー感度の調節(商品)
-運転自動復帰(商品)
-切タイマー(商品)
-給水時期を音でお知らせ(商品)

■消耗品の交換(カテゴリ名)
-加湿フィルター(商品)
-Ag+イオンカートリッジ(商品)
-集じんフィルター(商品)
-脱臭フィルター(商品)

読み物コンテンツ分け参考例

トップページ基本ベースの【5】読み物コンテンツエリアに当てはめることができます。

読み物コンテンツに設置

■お手入れ方法(カテゴリ名)
-「フィルターお手入れランプ」点灯時のお手入れ(コラム)
-本体(コラム)
-集じんフィルター/脱臭フィルター(コラム)
-タンク/後ろパネル/加湿フィルター/トレー(コラム)

■知っていただきたいこと(カテゴリ名)
-フィルターとAg+イオンカートリッジの性能について(コラム)
-上手にお使いいただくために(コラム)

読み物コンテンツに関しては、その名の通り「読み物として訪問者さまに見てもらいたいコンテンツ」です。

グローバルナビゲーション分け参考例

こちらに関しては、カテゴリ&読み物エリアのどちらかに当てはめることも可能ですが、
今回は、トップページ基本ベースの【2】グローバルナビゲーションエリアに当てはめています。

グローバルナビゲーションに設置

※()の中はネットショップのナビゲーション例です。

・特徴(当店について)
・よくあるご質問(ショップQA)
・安全上のご注意(返品交換やプライバシーポリシー等)
・各部のなまえ、案内(配送や送料の案内)
・ご利用前に(お買い物ガイド)

カテゴリ分けする時のポイント

まずは商品を抽出していき、グループ化しまとめます。

カテゴリ分けをする時のポイント

そこからグループ化したものが、どんな大きなテーマ(大カテゴリ)に属するかを決めていきます。
逆に大カテゴリを決めてから商品といった流れでも構いません。
やりやすい形は商材によっても異なってきます。

今回の取説の例では、大カテゴリ直下に商品が紐付いている形でしたが、
基本的に、ネットショップでカテゴリ分けをする時は「大カテゴリ」>「中カテゴリ(小カテゴリ)」が存在します。
その為、実際にはもう少し細分化することになるでしょう。

まとめ

今回、カテゴリ分けの基本的な考え方と、身近なモノを例に挙げてお話させていただきました。
この他にも、競合のネットショップを見たり、メーカーサイトを見たり、商品のカタログ、雑誌など、参考材料になるものは山ほどありますのでチェックしてみてください。

また、商品ありきのカテゴリ分けになるかと思いますが、売上を上げるには商品点数も重要です。
商品数が少ないとそれだけ入り口が少ないということですから、それらも視野に入れネットショップのカテゴリ分けを進めて頂ければと思います。