楽天ショップの作り方・出店から開店までに押さえておくべきこと

楽天ショップの作り方・出店から開店までに押さえておくべきこと

「楽天でネットショップを始めたいけど、何から手を付けて良いかわからない」
「楽天ショップってどうやって作るの?誰か教えてほしい…」
「通販ショップを楽天市場でスタートしようと思っているけど、難しいのかな?」

ネットショップを開業する際に有名な「楽天市場」
楽天ショップは集客力に優れていて、開店当初から売上が出やすいということもあり、人気のネットショップ開業サービスです。

そんな楽天ショップですが、初心者の方の場合、わからないことや不安なことが多々ありますよね。

こんにちは。『K Time』編集部のクロスです。

実は以前、「知人から楽天ショップを始めたい」という話があり、開店や運営のお手伝いをしていた時期があります。
それ以外にも、これまで沢山の楽天ショップのデザインやページ作成に携わってきました。

楽天ショップの制作実績一部掲載

そこから得た知識や技術は多々ありますが、大切なことは楽天市場のルール(出来ること)を把握することです。
この部分を疎かにしてしまうと、「何度も修正する羽目になったり」、「思い通りのショップが作れなかったり」と余計な時間あるいは費用がかかってしまう恐れがあります。

本記事では、上記のことも踏まえながら、楽天ショップを始められる初心者の方の一助になればと思い記事にしています。

すでに出店審査は済んでいて、開店審査に向けてショップ作り(店舗構築)の流れを知りたい方は以下のリンクから確認してください。

>>楽天ショップの作り方

 

まずは、楽天市場の簡単な概要(仕組み)からお話していきたいと思います。

楽天市場でお店を構えるとは?

楽天市場は大きなショッピングモールのようなもので、お店を持つということは、そのショッピングモール内の一角にお店を構える(出店する)という形になります。

楽天市場

出店するには、楽天市場が定めている「出店審査」を通過する必要があります。
審査をおこなうことで、お店の質を一定の基準でキープできるため、お客様に楽天市場で安心して買い物を楽しんでもらうことができるわけです。

>>楽天市場の出店に関する詳細はこちら

 

出店審査(申込)が完了するまで、約2週間~1ヶ月くらい時間がかかります。

 

すぐにネットショップを開店したい」という人は、以下のようなサービスもあります。

これらは無料でネットショップが開業できるサービスです。
楽天市場のように、審査等がほとんど無いため、すぐにネットショップを開店したい人に向いています。

それでは引き続き、楽天市場でネットショップを開業する際の「出店~開店までの流れ」について見ていきましょう。

楽天市場・出店から開店までの簡単な流れ

主な流れは以下の通りです。

  1. 出店申込(出店審査)
  2. 利用開始(開店審査)
  3. 開店(運営スタート)

一つずつ解説していきますね。

1、まずは出店申込をしよう

出店の申込はWEBから行うことができます。
不安な方は申込をする前に「資料請求」もできます。
資料には、楽天市場の概要や成功の秘訣などが記されているので、一度目を通しておくと良いと思います。

>>楽天市場・資料請求はこちら

それでも不安な方は、新規出店コンサルタントに相談することも可能です。
取り扱う商材に関することなど、不明な点があったらまず聞いてみるのも良いかもしれませんね。

2、利用開始(RMSアカウント利用)

出店の申込が無事に済むと、利用開始となり、RMSという店舗運営システムを利用し開店の準備(店舗構築)をおこないます。
お店の情報や決済、配送の準備など、お客様が楽天ショップに訪れたときに買い物ができる状態にします。

店舗構築の主な流れは以下の通りです。

  1. お店の基本情報や決済、配送方法などの設定
  2. カテゴリーを作成する
  3. 商品を登録する
  4. お店全体のデザインを設定する
  5. トップページを作成する

設定方法などは、楽天市場側でマニュアルが用意されているので、そちらを見ながら基本的に進めていきます。
もしそれでも疑問点など(例えばページ作成時の操作方法等)がある場合は、店舗オープンアドバイザーのサポートを受けることもできます。

お店の準備が整ったら、開店審査(オープン審査)をおこない無事に通過すると、待ちに待った記念すべき楽天ショップ開店となります。

ちなみに、相当な理由がない限り、この段階でお店のデザインを完璧に作り込む必要はありません。
(後述「楽天ショップの作り方」にて解説)

3、いよいよ楽天ショップの開店(オープン)

開店審査が無事に通過すれば、いよいよ楽天ショップオープンです。
早ければ、その日、あるいは2~3日中に注文が入ることもあります。

私がお手伝いした知人のショップは、開店した次の日に注文が入りました。
初めてお客様より注文が入ったときは、ドキドキする反面、ものすごく嬉しかったのを覚えています。

 

開店後(運営スタートしてから)も、楽天ショップではECコンサルタントが売れるお店づくりのサポートをしてくれます。
担当によって、どんなサポートをしてくれるかは異なりますが、競合店の事例などを踏まえながらアドバイスをしてくれたり、様々なサポートをしてくれるので、ネットショップが初めての人は得られるものがあると思います。

 

ここまで出店申込~開店までの流れを簡単にお話しましたが、楽天ショップの特徴としてステップごとにサポート担当がいるというところです。

 

担当やタイミングによって電話などが繋がりづらいときもありますが、ネットショップ自体が初めての人の場合、ステップごとにサポートがあるととても助かりますよね。

ここまで、出店~開店までの流れをお話しましたが、以降ではショップ作りの内容についてもう少し詳しくふれていきたいと思います。

楽天ショップの作り方(デザイン編)

実店舗と同様にネットショップでも、わかりやすくてお客様が購入しやすい作り(デザイン)が望ましく、基本ベースにあります。
どのくらいのものを作るかによっても変わってきますが、クオリティの高いものを作成する場合、多くの時間を要します。

前述の「2、利用開始」の中で、”お店を完璧に作り込む必要はありません”と話したのは上記の理由からです。

楽天ショップを開店したからといって、初めのうちは沢山の人がお店に訪れることは少ない(広告などを出稿しない限り)ため、開店後にお店を作り込む流れがベターです。

私が知人のお店をお手伝いした時も、まずは開店できる状態にしオープンしてから、お店のデザインなどをより作り込んでいきました。
オープンできていない=機会損失にもなりかねないので、勿体ないんですよね。

続いて、楽天ショップをデザインする上で押さえておきたい「楽天GOLD」についてのお話です。

楽天GOLDとは?

楽天ショップのデザインを作成する際、基本的にRMS(店舗運営システム)を使用します。
しかし、RMSのみだとデザインの幅が制限されがちなので、より作り込む際に欠かせないのが「楽天GOLD」の存在です。

楽天GOLDとは、サーバー領域のことを指します。
WEBサイトを作る際、サーバーにデータを格納しますが、楽天ショップでも同じように「HTML」や「CSS」「JS」などのファイルを、楽天GOLDというサーバー上へ格納することができるわけです。

楽天GOLDを使用するには、事前に申し込みが必要です。

 

RMSと楽天GOLDの違いを詳しく知りたい方は、以下のページをご参考にしてください。

関連記事 楽天ショップ制作・デザインする上でのRMSとGOLDの違いと使い方

 

楽天ショップで商品画像を作る時は注意しよう

楽天ショップでは、商品画像(1枚目)を表示する際に以下のルールが定められています。

  • 画像内にテキスト要素を入れる場合20%以内
  • 画像に枠線を入れてはいけない
  • 背景は単色の白のみ(写真背景はOK)

 

一般的に商品画像は、商品ページに対して複数設定することができます。
その際、1枚目に設定する画像が上記に該当するわけですね。

 

以下の画像は、「テキスト要素20%以上」と「テキスト要素20%以内」のサンプルイメージです。

テキスト要素20%以上

テキスト要素20%以上

テキスト要素20%以内

テキスト要素20%以内

基本的な考え方としては、画像を縦横それぞれ10分割(100ブロック)にし、テキスト要素が20ブロック以内であればOKという形です。

こう見ると、殆どテキスト要素が入れられないことがわかります。
文字を小さくすると見づらくなってしまうので、優先順位を決めた上でテキスト要素をピックアップする必要があります。

楽天市場で判定ツールがあるので、そちらを活用することでテキスト占有率(20%以内)が算出ができます。

 

上記のような内容は、これから初めてネットショップを始められる方にとっては、あまりピンとこない話かもしれません。
しかし、昔から楽天ショップを運営されているオーナーさんにとっては大変なことで、以前は上記のようなルールが無かったため、多くのショップで画像の修正を余儀なくされました。

ルールを守らないとどうなるの?

上記で、商品画像に関するルールの話をしましたが、守らなかった場合「違反点数が5点」加算されてしまい、総点数に応じてペナルティが課される可能性もあります。

ペナルティには、表示制限(検索順位の低下等)、RMSの利用制限などに加え、違反点数に応じた違約金もあります。

このことから、楽天市場でお店を開きたい、運営していきたい場合は、ルール(ガイドライン)があることを念頭に置く必要があります。

楽天ショップを作る際に便利なツールやサービス

ここまで楽天ショップの出店~開店、作り方(デザイン)までのお話をしてきましたが、ショップを作る(デザイン等の見栄えを良いものにする)場合、どうしてもHTMLやCSSなどの知識が必要になってきます。

初心者の方の場合、なかなか大変ですよね…
習得するにも時間やコストがかかってしまいます。

そこで便利なツールが「SketchPage for 楽天市場」というものです。

楽天スケッチページ サンプルイメージ

楽天市場が提供するページ作成ツールです。
このツールの主な特徴は以下の通りです。

  • 月額0円(無料)
  • 知識がないけど、自分でページを作ってみたいという方におすすめ
  • 4000種類以上のデザイン素材が使える
  • 素材を使って、ページや画像を作成できる

上記の通り、「ページ作成の知識は持っていないけど、自分で作ってみたい」という人は、一度使ってみることをおすすめします。

しかし、便利でメリットがある反面、デメリットもあります。
「SketchPage for 楽天市場」のデメリットについては、以下のページをご参考にしてください。

関連記事 初心者向け・楽天ページ作成を無料でおこなう方法

楽天ショップ・初心者のよくある悩み

当方では、これまで様々な楽天ショップ制作のお手伝いをしてきました。
そんな中、ご要望が多かったのは以下のような内容です。

  • トップページを作成してほしい
  • スマホページを作成してほしい
  • 商品ページを作成してほしい
  • 既存のショップをリニューアルしてほしい

など

やはりページ作成の部分でお困りの方が多いように感じられます。

一方でそれ以外の部分、例えば、基本的な設定やカテゴリー、商品登録などはマニュアル等を見れば行うことができるため、皆さんご自身でおこなわれるショップ様が多いのが現状です。
その部分のコストを削減し、ページ作成や広告費等に充てられる方もお見受けしました。

たしかに自然な流れのような気もします。

 

特に基本的な設定やカテゴリー、商品登録などは、楽天ショップを運営していく限り、ずっと行っていく内容です。
その部分を毎回外部に依頼するのは、ランニングコストが発生してしまいます。

それならば、初めは時間を要すとしても、オーナー様やショップ様でおこなったほうが「将来的に良い」ということなのかもしれません。

夜中、何らかの理由ですぐに商品ページの内容を変更しなくてはいけない、という場合でも自分自身でやり方がわかっていれば、すぐに対応できますしね。

まとめ

前半では、「楽天市場の出店~開店までの流れ」
中盤では、「楽天ショップの作り方(デザイン)」
そして後半では、「楽天ショップを作る際に便利なツール」

という流れでお話してきました。

楽天市場は、冒頭でもお話した通り「大きくて有名なショッピングモール」です。
そのため、買い物するお客様に限らず、商品を販売する売り手の出店者様にも人気のサービスと言えます。
しかし、どんなに有名で人気のサービスだからといって、楽天ショップを開店すれば売れるという保証はどこにもありません。

そのリスクを少しでも食い止めるためには、他のネットショップ開業サービスも把握する必要があります。

ちなみに、ネットショップ開業サービスには大きくわけて以下のものがあります。

  • モール型
  • カート型

楽天ショップはモール型に属します。
モール型とカート型の違いや特徴については、以下のページをご参考にしてください。

関連記事 【ネットショップ開業】カート型とモール型を選ぶときのポイントと注意点

楽天ショップ制作
オリジナルショップ作り

楽天ショップ制作代行

楽天ショップ作成、作り方でお悩みごとはございませんか?
ネットショップ制作等、10年以上の経験やノウハウをもとに、あなたのお店作りのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

運営者KPOINT
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします
楽天ショップ作成
K Time
タイトルとURLをコピーしました