楽天ショップをデザインする上でのRMSとGOLDの違いと使い方

シェアする

楽天ショップのデザイン制作をする場合、RMSとGOLDを使う2パターンがあります。
それぞれどういった違いやメリット、デメリットがあるのでしょうか。
今回はどちらで作るか迷われている方、そして初心者の方向けにお話します。

楽天ショップrmsとgold

RMSとGOLDの違いについて

RMSとGOLDは、楽天市場が提供しているサービスですが使い勝手は全く異なります。

RMSとは

楽天市場の店舗運営システム。
ネットショップの基本設定をしたり商品登録作業、受発注作業などで利用するためのシステムです。

GOLDとは

楽天市場が提供しているサーバー領域です。
ホームページを作る際には基本レンタルサーバーなど契約しますが、楽天でも契約が必要です。
初めから使えるわけではありませんので注意してください。

※容量は1GBまで無料で使うことができます。

GOLDの使い方について

楽天GOLD領域の使い方についてお話します。
GOLDを使うことで以下のようなことが可能になります。

・外部スタイルシートを読み込める
・javascriptが使えるようになる
・オリジナルのページ作成ができる
・オリジナルのスマホ用ページ作成ができる
・PDFファイルなどをアップロードできる(RMS内ではgif、JPGのみ)

など。

RMS内では出来ることが限られており、GOLDを利用することでデザインや表現の幅が広がるといった感じです。
上記を駆使することで、楽天ショップっぽくないデザインでトップページなども作ることが可能ですし、スライドショーなどはもちろんのこと、スマホ用に独立したページを作り、より売りやすいデザインやレイアウトのものをお客様に案内することができます。

初心者の方にはおすすめできない理由

GOLDを使う際は、FTPソフトなどを用いておこないます。
そのため、全くの初心者の方には少し抵抗があるかもしれません。
また、上記の内容を行うには当然デザインスキルやHTMLスキルなども必要になるので、初心者の方にはおすすめできません。
イチから勉強する!という方はまずFTPソフトの使い方から覚えましょう。

最後に

ここまでGOLDをメインにお話させて頂きましたが、決してRMSだけで作れないということではありません。
RMSメインで作成や運用をされているショップさんもまだまだいます。(日々の更新などメンテナンス性を考えるとこっちのほうが良いかも)
ただ、どうしてもデザイン性アップを図るにはGOLDの存在は欠かせないのものになっています。

楽天ショップ制作
オリジナルショップ作り

楽天ショップ制作代行

楽天ショップ作成、作り方でお悩みごとはございませんか?
ネットショップ制作等、10年以上の経験やノウハウをもとに、あなたのお店作りのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

この記事をお届けした
K Timeの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする