ヤフーショップ、スマホ版用ストア画像(看板)のサイズについて

シェアする

ヤフーショップ制作でも重要になってくるのが「スマートフォン対策」です。
標準の作り方だと制限も厳しめですが、比較的更新も楽なため初心者の方にはおすすめかと思います。
そんな中、まず取り入れたいのが「スマートフォン版用ストア画像」です。

看板画像の設定

スマートフォン版用ストア画像(看板画像)は、トップページ編集→スマートフォン用情報(タブ)から設定することができます。

ヤフーショップ看板設定エリア

看板画像の役割とは?

看板画像と聞くと、どのようなイメージをお持ちですか?
個々にイメージするもの、取り入れたいと思うものは異なりますが、以下は一般的な参考例です。

  • ロゴを配置
  • お店のキャッチコピーを配置
  • お店の利点を配置
  • いくら以上購入で送料無料かの案内

など。

ロゴは必須だと思います。
ただ、情報を入れすぎてもわかりづらくなる場合があるので、入れる内容は出来る限りシンプルにまとめたほうが良いでしょう。

看板画像のサイズについて

ヤフーショップで、スマートフォン版用ストア画像(看板画像)を設置する場合は、以下のような決まりがあります。

「35キロバイト以内のGIFまたはJPEGまたはPNG画像、画像サイズは任意(幅640ピクセル推奨)」/180125現在

35キロバイトって結構きびしめですよね。
もし、写真画像などを数枚入れるものなら、あっという間に超えてしまいます。
そのため、横幅640ピクセル、高さ任意、35キロバイト以内の画像を作らなくてはいけません。

ただ、ここで落とし穴がありました。

Yahoo!ショッピングアプリの存在

ヤフーショッピングアプリ

利用されている方がどれくらいおられるのかわかりませんが、ヤフーショップは「Yahoo!ショッピング」というアプリからでもサービスを利用することができます。
ちなみに私は主にスマホのブラウザから利用しているユーザーです。

実は、このアプリからお店をみると上部に看板画像が表示されているのですが、その画像は「スマートフォン版用ストア画像」で設定したものと連動しています。

アプリから見たときの看板画像サイズ

そして、アプリで見たときにバランスよく表示される看板画像のサイズが以下です。

横幅640ピクセル、高さ80ピクセル、35キロバイト以内

※高さは若干誤差はあっても大丈夫かもしれません。(18/01/25現在)

そうなんです。
このサイズを見ておわかりのように、アプリでもキレイに見せるのであれば、殆ど看板画像に情報を入れることは難しいということになります。

最後に

現在では、スマホからのアクセスはお店にもよりますが、一般的に7割超えといわれています。
特にネットショップでは、スマホからのアクセスは多いのでスマホ対策は必須といえるでしょう。
ユーザーがスマホから見た場合に、わかりやすい最適化したページが望ましいと言えます。

これらのことは考えると、ヤフーショップの「スマートフォン版用ストア画像(看板画像)」は制限が厳しく作成しづらいのが現状です。
ただ、仕様に沿った作りをする場合は致し方ない部分ではあるので、フリースペースなどを上手く使いながら構築していく形になるでしょう。

ヤフーショップ制作
オリジナルショップ作り

ヤフーショップ制作代行

ヤフーショップ作成、作り方でお悩みごとはございませんか?
ネットショップ制作等、10年以上の経験やノウハウをもとに、あなたのお店作りのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク