初心者必見!カラーミーショップの作り方と押さえておくべきポイント

シェアする

カラーミーショップでネットショップを作られているオーナーさんを多く見かけるようになりました。
当方にも、デザインのご依頼の問い合わせを頂く機会が増えています。
今回は、そんな人気のネットショップ開業サービス「カラーミーショップ」の作り方を初心者向けにお話します。

カラーミーショップ

ご覧頂くタイミングによっては、情報が異なる場合がございます。予めご了承ください。

基本情報の設定

まず、基本情報の設定をおこなっていきます。
ここでいう基本情報とは、主に下記のような内容です。

  • ショップ情報
  • 決済
  • 配送
  • メール

など

ショップ情報

ショップ情報の設定

ショップ情報は、トップページや特定商取引法、プライバシーポリシーなどの設定をおこなう部分です。
特定商取引法は、インターネットで商品などを販売する上で義務付けられた法律です。
お客様も目を通すところなので、しっかりと記載しておきましょう。

また、トップページにある「ショップタイトル」はSEO的に重要な部分になります。
必ずキーワードを含めたショップタイトルを記載することをおすすめします。

決済

決済方法の設定

決済方法の設定です。
決済タイプという項目があるので、そこから決済のタイプを選択し設定していきます。
お客様がお買い物時に好きなタイプの決済方法を選んでもらうための設定です。

決済方法のバリエーションが豊富であれば、それだけお客様が購入しやすくなります。

消費税設定

消費税設定

消費税設定も欠かせません。
カラーミーショップの場合、消費税設定も簡単にできるので有り難いですよね。
販売価格表示形式で、「外税」or「内税」どちらかを設定することができます。

配送

配送方法の設定

配送方法を設定します。
例えば、日本郵便のゆうパックやヤマト運輸の宅急便などが挙げられます。
小さい小物類なら、ヤマト運輸のクロネコDM便なども、料金が安く済むので活用したいところです。

メール

メール設定

ここでいうメールは、注文確認や受注、入金などがあった時に送るためのメール設定です。
例えば、それぞれ以下のような内容になっています。

  • 【注文確認】お客様が商品注文後に自動的に送信されるメール
  • 【受注】受注後に、注文内容や決済に関する情報、お届け先情報などを送信
  • 【入金】入金確認後に送るメール
  • 【発送】発送後に送るメール

など。

ネットショップでは、それぞれのメールを予め用意しておき、在庫状況やお客様の入金状況などのタイミングをはかり、その都度メールをお客様に送ります。

商品が売れないうちは、あまり必要のない作業かと思われますが、ネットショップ開店後はいつ商品が売れるかわかりません。
すぐ売れてもスムーズに対応できるよう、事前にメール設定もおこなっておきましょう。

ドメイン設定

ドメイン設定

ドメインの設定です。
ショップのURLにあたる部分になります。
ドメインは主に2種類存在します。

  • shop-proのドメイン
  • 独自ドメイン

初期設定では、shop-proサブドメイン(カラーミーショップで用意されているURL)になっています。

独自ドメインのメリット

独自ドメインとは、あなただけのショップURLを持つということに繋がります。
いわば、世界でひとつだけのショップURL(住所)なわけです。
あなたが所有するドメインなので、別のサービスに移行する、などということも場合によっては出来ます。

実はこのドメイン、育てれば育てるほど強くなっていきます。
強くなればSEO的にも有利となり、売上アップにも繋がります。

長期運営を考えている場合は、独自ドメインのほうがおすすめといえます。

初めに押さえよう!カラーミーショップの独自ドメインと現在のサブドメインについて
カラーミーショップを作る時に迷うのが、独自ドメインか現在のサブドメイン(初期状態)のどちらに設定して、ネットショップを運営していくかです。 ...

独自ドメインにするタイミング

独自ドメインにする予定があるなら、できるだけ早いタイミングで設定しておきましょう。
独自ドメインは、お名前ドットコムムームードメインなどで取得できます。

デザイン

テンプレートの追加

ネットショップのデザインに関する設定です。
テンプレートを適用することで、ネットショップのデザインが反映されます。
とっても簡単です。

テンプレートは主に、「有料」と「無料」のものが存在します。
無料のものでも、使いやすいテンプレートは沢山あります。
必要に応じて、有料のものを購入したりテンプレートをカスタマイズする必要はあると思います。

デバイス毎のテンプレート

テンプレート設定(追加)する場合、デバイス毎におこなうことができます。
主に以下の3種類です。

  1. PC
  2. スマートフォン
  3. モバイル

モバイル(ガラケー)シェアはここ最近かなり低いですが、PCとスマートフォンは必須なので、必ず設定しておきましょう。

レスポンシブデザインテンプレート

テンプレートの中には、レスポンシブデザインのテンプレートがあります。
レスポンシブデザインのテンプレートを使うと、デバイスごとにネットショップの見え方を最適化してくれます。

もし、レスポンシブデザインテンプレートを選ぶ場合は、スマートフォン表示設定は「PC版表示」を選択しておきましょう。
スマートフォン最適化にしてしまうと、レスポンシブデザインの意味がなくなってしまいます。

レスポンシブデザインテンプレートにした場合の注意点

画像サイズ設定

画像サイズを設定する

ネットショップでは、商品一覧(カテゴリページなど)や商品詳細ページに画像が掲載されますが、これらの画像のサイズを「画像サイズ設定」から設定することができます。

例えば、以下のようなイメージです。

  • 商品一覧用画像サイズ=商品一覧(カテゴリ)ページorおすすめ商品一覧など
  • 商品詳細画像サイズ=商品詳細ページの商品画像

設定後にアップロードした画像に適用されます。
アップロード済みの画像には適用されません。
そのため、商品登録などをおこなう前に、設定を済ませておくと良いでしょう。

利用されているデザイン(テンプレート)によっては、設定した画像サイズで表示されない場合があります。
これはテンプレートの作りによるものです。
変更する場合は、htmlやcssなどの編集が必要な場合があります。

カテゴリー

カテゴリー登録

ネットショップで取り扱う商品のカテゴリー設定です。
このあたりは、商品登録の作業と前後するケースもあると思います。

基本的には、カテゴリーを設定してから商品登録をしていくのがベターです。
カテゴリーは、お客様を目当ての商品へ導くための導線です。
できるだけ迷わせないよう、わかりやすいカテゴリー設定をおこないましょう。


■関連記事

空気清浄機の取説を例にネットショップのカテゴリ分けの話をしてみます
「ネットショップのカテゴリーの分け方」どうされてますか? 簡単なようで難しいカテゴリ分けですが、ネットショップでお客様を迷わせない為にもと...

商品登録

商品登録

カテゴリー設定をしたら、次に商品登録をおこないます。
商品登録は、ひとつずつ登録していく方法と一括で登録する方法があります。
最初は、ひとつずつ手動でおこなうほうが良いでしょう。

商品登録では、個々に細かな設定ができるので初めのうちに把握しておいたほうが、今後の運営にもおすすめです。

商品画像のアップロード

商品画像をアップロードする場合、できるだけ正方形にした画像を用意してアップロードするようにしましょう。
そうすることで、商品一覧画面や商品詳細ページの商品画像など、統一感が出て見栄えもよくなります。


■関連記事

売上UPを図るための商品ページの作り方。3つのパターンと準備すること。
商品ページは、モノやサービスを売る上で一番大切な部分です。 売れるか売れないかは、商品ページで決まるといっても過言ではありません。 ...

最後に

カラーミーショップを初めて開業する人に向けて、まずおこなうべきカラーミーショップの作り方について流れをご紹介しました。
上記は一般的な作り方の流れであり、ショップによっては作業が前後するところも出てくるでしょう。

決済や配送設定などは、業者への契約完了のタイミングによっても異なります。

特に気をつけたいのが「画像サイズの設定」です。
商品登録後に、画像サイズ設定を変更すると、再度商品画像をアップロードしなければいけないので二度手間になってしまいます。
予め画像サイズは設定しておくことをおすすめします。

カラーミーショップ制作
オリジナルショップ作り

カラーミーショップ制作代行

カラーミーショップ作成、作り方でお悩みごとはございませんか?
ネットショップ制作等、10年以上の経験やノウハウをもとに、あなたのお店作りのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

この記事をお届けした
K Timeの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする