カラーミーテンプレートプラスのカレンダー機能は使える?

シェアする

カラーミーショップではすべてのプランでカレンダーが表示されるわけではありません。
現在はレギュラープランからカレンダー機能が利用できます。
それより下のプランの場合、テンプレートプラスを契約するか、別の方法でカレンダーを表示します。

テンプレートプラスとは?

テンプレートプラス

テンプレートプラスとは、以下の機能が使えるようになる拡張機能のようなものです。

  • イチオシ商品管理
  • インフォメーション管理
  • 新着商品管理
  • トップページバナー設定
  • 営業日カレンダー管理

テンプレートをカスタマイズすることで、これら内容をショップ内に表示することは可能ですが、テンプレートプラスに契約することで、初心者の方でも更新しやすく簡単に利用することができます。

これらの機能をすべて使うかは別として、テンプレートプラスには営業日カレンダー機能が備わっており、この機能を活用することでショップ内にカレンダーを表示することが可能です。

テンプレートプラス/営業日カレンダーの使い方

カラーミーショップには公式マニュアルが存在しているので、あえてここでお話する必要はないかもしれませんが、当方にご依頼いただくお客様の中にはマニュアルを見てもよくわからない、という人もいらっしゃいます。
なので今回は、そういった方向けに使い方の説明を少しさせていただきます。


まず、カラーミーの管理画面に入り、
「ツール」→「テンプレートプラス」をクリック。

テンプレートプラス使用


次に、営業日カレンダー管理をクリック。
すると、営業日カレンダー管理ページに遷移します。

営業日カレンダー管理

基本的には、以下の設定をおこなえます。

  • 定休日設定
  • 臨時休業日設定
  • 注意書き
  • 次月分も表示(2ヶ月分)

お休みの日の文字カラーなど、以下のように直感的に選べるので簡単です。

カラーピッカー

注意書きは、カレンダーの下にくる文章エリアですね。
ここに補足の説明文などを入れて設定します。

その他、設定

営業日カレンダーをショップに表示する

設定が完了したら、カレンダー表示に必要なソースを任意の箇所に設定します。
基本的には、共通のHTML・CSSに入れる形になるかと思いますが、これについてはどこにカレンダーを表示したいかによって異なります。

また、テンプレートの種類によっては、ソースを入れなくても済むものもあります。
管理画面内で案内されている対応表を適宜確認しましょう。

営業日カレンダーを表示するためのソース

テンプレートプラスを使わず、別の方法で営業日カレンダーの表示

テンプレートプラスは、とても便利な機能です。
ショップオーナーさんの運営を確実に楽にしてくれます。
ただ、冒頭でもお話した通り、レギュラープランより下のプランでは、別途契約が必要となり毎月540円ほどのランニングコストがかかってしまいます。

また、営業日カレンダー機能以外、使わない人にとっては少しもったいないかもしれません。
理想は、営業日カレンダー機能のみオプションで追加できるなどの契約ができると、よりショップ運営者にとっては有り難いサービスになりそうですね。

別でカレンダープログラムを用意

簡単なカレンダー機能であれば、以下のようなカレンダーをカラーミーショップにも表示することができます。
PHP等を使うので、サーバー等が必須となりますが、プログラム自体は一度作成してしまえば初期費用のみでランニングコスト等はかからないかと思われます。

フリーツールなどを活用

ネットで色々と検索すると、カレンダー表示をHTMLとして出力してくれる無料ツールなどが存在します。
中には、クレジット表記などが入ってしまうものもありますが、気にされないのであれば、そういったツールを活用してショップに表示するのも良いでしょう。
ただ、こういったツールの場合、自動的にカレンダーが更新されるわけではないので、月が変更されたら都度、HTMLを編集しなければいけないという、ひと手間がかかってしまいます。

最後に

カレンダー機能は、ネットショップに訪れる訪問者さんに、休業日などをお知らせできるので、訪問者さんのことを考えるとやさしいお店作りとなります。
そのため、できれば入れておきたい機能のひとつかもしれません。
ただ、少なからずHTML等を使用する機会が増えるので、そのあたりのスキルが必須になってしまい初心者さんには敬遠されがちなのも事実です。
カラーミーショップ制作
オリジナルショップ作り

カラーミーショップ制作代行

カラーミーショップ作成、作り方でお悩みごとはございませんか?
ネットショップ制作等、10年以上の経験やノウハウをもとに、あなたのお店作りのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

この記事をお届けした
K Timeの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする